Rechercher une page de manuel

Chercher une autre page de manuel:

faccessat

Autres langues

Langue: ja

Version: 2007-02-28 (mandriva - 01/05/08)

Section: 2 (Appels système)

名前

faccessat - ディレクトリファイルディスクリプタから相対的な位置にある ファイルのアクセス権をチェックする

書式

 #define _ATFILE_SOURCE
 #include <fcntl.h>
 #include <unistd.h>
 
 int faccessat(int dirfd, const char *pathname, int mode, int flags);
 

説明

faccessat() システムコールは、この man ページで説明している違いがある以外は、 access(2) と全く同じように動作する。

pathname で指定されるパス名が相対パスである場合、 ファイルディスクリプタ dirfd で参照されるディレクトリからの相対パス名として解釈される (access(2) では、相対パスは呼び出し元プロセスのカレントワーキングディレクトリからの 相対パスとなる)。

pathname が相対パスであり、かつ dirfd が特別な値 AT_FDCWD である場合、 pathname は (access(2) と同じように) 呼び出し元プロセスの カレントワーキングディレクトリからの相対パス名として解釈される。

pathname が絶対パスである場合、 dirfd は無視される。

flags は以下の値を 0 個以上 OR して作られる。

AT_EACCESS
実効 (effective) ユーザ ID と実効グループ ID を使って、 アクセス権のチェックを行う。 デフォルトでは、 faccessat() は (access(2) と同様に) 実 ID を使う。
AT_SYMLINK_NOFOLLOW
pathname がシンボリックリンクの場合は、それを辿るのではなく、 リンク自身についての情報を返す。

返り値

成功した場合 (全ての要求された許可が得られたら)、 faccessat() は 0 を返す。 エラーの場合、-1 が返され、 errno にはエラーを示す値が設定される。

エラー

access(2) と同じエラーが faccessat() でも起こる。 faccessat() では、その他に以下のエラーが起こる:
EBADF
dirfd が有効なファイルディスクリプタでない。
EINVAL
flags に不正なフラグ値が指定された。
ENOTDIR
pathname が相対パスで、かつ dirfd がディレクトリ以外のファイルを参照するファイルディスクリプタである。

バージョン

faccessat() は Linux カーネル 2.6.16 で追加された。

準拠

このシステムコールは標準的ではないが、 POSIX.1 の将来のリビジョンに含めることが提案されている。

注意

faccessat() が必要な理由については、 openat(2) を参照すること。

glibc についての注意

AT_EACCESSAT_SYMLINK_NOFOLLOW フラグは、 faccessat() の glibc ラッパー関数で実際に実装されている。 これらのフラグのいずれかが指定された場合、 ラッパー関数はアクセス権を決定するために fstatat(2) を使う。

関連項目

access(2), openat(2), eauidaccess(3), path_resolution(7)
Nous ne devons jamais oublier combien nos connaissances restent toujours
limitées et de quelles évolutions imprévues elles sont susceptibles.
-+- Louis de Broglie -+-