Rechercher une page de manuel

Chercher une autre page de manuel:

setfsgid

Autres langues

Langue: ja

Version: 2004-05-27 (mandriva - 01/05/08)

Section: 2 (Appels système)

名前

setfsgid - ファイル・システムのチェックに用いられるグループ ID を設定する

書式

#include <unistd.h> /* glibc では <sys/fsuid.h> */

int setfsgid(uid_t fsgid);

説明

システムコール setfsgid() は Linux カーネルがファイル・システムに対する 全てのアクセスのチェックに使用するグループ IDを設定する。通常は fsgid の値は実効 (effective) グループID と同じになる。実際、 実効グループ ID が変更される度に fsgid もまた新しい実効グループID の値に変更される。

通常、 setfsuid() や setfsgid() が明示的に呼び出されるのは、Linux NFS サーバー のように、 ファイル・アクセスに用いるユーザID / グループID を変更しなければならないが、 対応する実(real)/実効(effective) ユーザID / グループID は変更したくないような プログラムに限られる。 NFS サーバーのようなプログラムで、通常のユーザID を変更すると、 プロセスを望まないシグナルにさらす可能性があり、 セキュリティ・ホールになる。(下記参照)

setfsgid() は、スーパー・ユーザによって呼び出された場合か、 fsgid が実グループID、実効グループID、 保存セットグループID (saved set-group-ID)、現在の fsgid の値のいずれかに一致する場合にのみ成功する。

返り値

成功した場合、 fsgid の以前の値を返す。エラーの場合は fsgid の現在の値を返す。

準拠

setfsgid() は Linux 特有であり、移植を想定したプログラムで使用してはいけない。 1.1.44 以降の Linux カーネルと 4.7.6 以降の libc に存在する。

注意

glibc が引き数がグループID として不正だと判断した場合は、 システム・コールを行わず errno に EINVAL を設定して -1 が返される。

このシステムコールが導入された当時、プロセスは 同じ実効ユーザIDのプロセスへシグナルを送ることができた。 今日では、シグナル送信権限の扱いはかなり違うものになっている。

バグ

いかなる種類のエラー・メッセージも返さない。 失敗した場合は (呼び出し元には CAP_SETGID ケーパビリティがなかったのだから) 最低でも EPERM くらいは返すべきである。

関連項目

kill(2), setfsuid(2), capabilities(7)
La philosophie n'a été qu'un épisode dans l'histoire de l'esprit
arabe. Le véritable mouvement philosophique de l'islamisme doit
se chercher dans les sectes théologiques... et surtout dans le
Kalâm.
-+- Ernest Renan (1823-1892) -+-