Rechercher une page de manuel

Chercher une autre page de manuel:

getresuid

Autres langues

Langue: ja

Version: 2003-05-26 (mandriva - 01/05/08)

Section: 2 (Appels système)

名前

getresuid, getresgid - 実、実効、保存、ユーザー ID またはグループ ID を取得する

書式

#define _GNU_SOURCE
#include <unistd.h>

int getresuid(uid_t *ruid, uid_t *euid, uid_t *suid);
int getresgid(gid_t *rgid, gid_t *egid, gid_t *sgid);

説明

getresuid() と getresgid() は、呼び出したプロセスの実 (real) UID、実効 (effective) UID、 保存 (saved) set-user-ID (getresgid の場合はグループ ID) を取得する。 (どちらも Linux 2.1.44 で導入された)

返り値

成功した場合はゼロを返す。エラーの場合は -1 を返し、 errno が適切に設定される。

エラー

EFAULT
指定した引き数のどれかが、呼び出したプログラムのアドレス空間の外の アドレスである。

準拠

これらのコールは非標準である。 HP-UX や BSD 系のいくつかにも存在する。

プロトタイプ宣言は 2.3.2 以降の glibc では _GNU_SOURCE を 定義していると得られる。

関連項目

getuid(2), setresuid(2), setreuid(2), setuid(2), feature_test_macros(7)
La différence entre un artiste et une paire de chaussures, c'est que
l'artiste doit pouvoir partir avant de lasser tandis que les chaussures,
il vaut mieux les lacer avant de partir.
-+- Philippe Geluck, Le chat -+-